介護事業経営アドバイザー|旧介護コンサルタント:業務改善創研:福岡浩

事業所運営オンライン相談

1.相談受付対象者

  • 介護事業所の管理者および介護事業経営者

※原則として個人の個人的な相談は不可です。事業所管理者または法人代表者としてご相談を受けます。

2.相談受付方法等

  • 相談受付は原則として、Eメール、電話、オン・ライン(ZOOM等)とします。
  • 具体的な相談については、原則的に事業所への訪問はいたしませんので、オン・ライン(ZOOM等)または電話やEメールで対応いたします。

3.相談受付時に必要な情報

  1. 相談者氏名
  2. 相談者の電話番号
  3. 会社名(法人名)及び事業所名
  4. サービス事業名
  5. 相談内容の概要

4.相談に要する時間及び費用等

  • 相談の内容によって要する時間が異なることがありますが、標準的に相談時間と費用は以下の通りです。

テレビ電話装置(ZOOM等)または電話による相談

①2時間未満~33,000円(税込み)
②4時間未満~44,000円(税込み)
③6時間未満~55,000円(税込み)
さらに時間を要するご相談については、応相談となります。

※なお、初回の相談費用については、前払い制といたします。

5.具体的な相談の事例

相談事例1

●事業所内の研修計画について
「新年度の研修計画を策定したが、その内容が妥当かどうか見てほしい。研修の題目として足りないものがないかどうか確認して、アドバイスしてほしい。」

●具体的な対応:
具体的な対応:研修計画を拝見して、最低限必要な研修題目と研修方法などを助言しました。また、研修計画書の書式の見直しと研修実施記録書についても提案しました。

●具体的な費用額:33,000円(所要時間:約120分)


相談事例2

●管理者の責務について
「運営基準にある『管理者の責務』について、知りたい。管理者がやるべき業務について、よくわからないので、管理者業務を基本から教えてほしい。」

●具体的な対応:
運営基準にある『管理者の責務』について、わかりやすく説明し、具体的な管理者業務の詳細を文書化して提供し、その内容について説明しました。

●具体的な費用額:44,000円(所要時間:約200分+α)


相談事例3

●訪問介護計画の作成について
「これまで外部研修を受けたり、本を読んだりして、計画作成の仕方を理解してきたつもりですが、内容的に問題がないかどうか、自信が持てないので見ていただきたい。そのうえで何かアドバイスをいただければ、自信をもって取り組めます。」

●具体的な対応:
事業所にある訪問介護計画書とケアプラン、アセスメントシート数人分を拝見しました。ケアプランとの整合性やアセスメントの精度を確認し、数か所の問題点を指摘しました。その問題点の改善方法についても説明しました。

●具体的な費用額:55,000円(所要時間:約150分×2回)


相談事例4

●実地指導後の「実地指導の結果について(通知)」にある指摘事項について
「1か月前に実地指導があり、保険者から「実地指導の結果について」という通知が届きました。改善報告書提出の必要はないのですが、指摘事項がありました。特にデイサービスの送迎予定表に不備がありましたので、今後どのように改善していくべきか相談したい。」」

●具体的な対応:
不備を指摘された送迎予定表をPDFにして、メールで送ってもらい、内容を確認しました。予定に変更が会った場合の処理が不明瞭など、いくつかの問題点を指摘し、改善方法についても説明しました。

●具体的な費用額:33,000円(所要時間:約120分)


相談事例5

●実地指導通知にある「事前提出書類一覧」について
「実地指導の実地通知が届き、事前に提出を求められている書類を取り揃えましたが、書類の内容などに問題がないかどうか不安です。提出前に各書類を見ていただき、不明な点などを第三者の目で確認していただきたい。」

●具体的な対応:
事前提出書類の量が多かったので、Eメールではなく、コピーしたものを郵送していただき、一点ずつ丁寧に確認しました。その結果、苦情対応記録書、研修実施記録書等の記録類に数か所の記載漏れや不備があり、加筆修正を提案しました。ただし、事実に反する記述は文書の改ざんになるので、十分に注意するよう説明しました。

●具体的な費用額:38,500円(所要時間:約150分)

6.『介護事業運営オン・ライン相談室』利用の流れ

●標準的なご相談のまでの流れは以下の通りです。

①事前のホームページの閲覧
・介護事業運営オン・ライン相談室のホームページを閲覧し、要領を確認します。

次のステップへ

②相談内容の文書化
・相談内容の概要を文書にまとめます。(メモでも可)

次のステップへ

③ご相談内容の提示
・相談内容の概要をまとめた文書をもとに、こちらのメールフォームの利用
もしくは電話いただくかEメールに添付して送信していただきます。

次のステップへ

④事前打ち合わせ
・こちらから電話またはEメールにてご連絡いたします。
・具体的なご相談の前に電話、Eメール、オン・ライン(ZOOM等)のコミュニケーション方法のご確認とおおよその所要時間やご相談の進め方、ご相談の日時などをお打ち合わせいたします。
・費用についてのお見積もり額をご提示し、ご了解の上、数日後にお振込みいただきます。

次のステップへ

⑤ご相談日当日
・事前にお約束した日時に電話、Eメール、オン・ライン(ZOOM等)によるご相談を行います。

介護事業経営アドバイザー 福岡浩の著書

プロの調査員が教える! 介護事業所・施設の選び方が本当にわかる本 改訂版 2022年4月発売開始

標準化・効率化方針でこう変わった! 実地指導 基本と実務対応 (待ったなし! 介護事業者・管理者の必携書) 2021年3月発売

オンライン相談の先頭に戻る