介護コンサルティングネット:有限会社業務改善創研|介護コンサルタント福岡浩

介護コンサルティングネットへのお問い合わせ

利用者本位のサービスを実現するために、介護事業運営の仕組みを改善します。

ホーム2011年12月のコラム(1)

有限会社業務改善創研のコラム(介護コンサルタント福岡浩)

介護コンサルタント福岡浩のコラム

日本福祉大学経済学部ゲスト講義を終えて

去る11月8日に愛知県知多郡にある日本福祉大学で、約120名の経済学部の学生(2学年、3学年)にゲスト講義を行いました。 短大や専門学校では年に数回、介護保険事務士の取得講座の講義を行うことがありますが、大学の経済学部では初めてでした。 講義のテーマは、『介護事業の動向と事業の継続性』とし、ミクロ経済学のご専門である遠藤准教授からのご依頼で実現しました。

講義時間は80分程度でしたが、学生諸君は大変興味深く、講義に耳を傾けていたように感じました。 講義の内容は、概ね介護保険制度が始まって11年が過ぎ、介護サービス事業者の現状や今後の事業運営や事業の継続性について、お話しました。 5年に一度の法改正や介護サービスのお値段である介護報酬の改定が3年に一度あることから、 介護事業者の経営にどう影響するか、どのような運営が望ましいのか、サービスの質を高める工夫はどうしているのか、等など。

日本福祉大学というからには、経済学部の学生も福祉、介護の勉強をしているかと思っていましたが、 普通の四年制大学の経済学部と同じであり、経済学を専攻しているので、福祉、介護の科目は履修していないそうです。 しかし、それでも卒業生の多くは福祉関連の職場に就職しているそうです。 福祉サービスと経済学、とりわけミクロ経済学は、考えようによっては密接な関係がありそうです。 そこで、講義の冒頭に『「福祉のこころ」と「ビジネスマインド」について』と題して10分ほど話しました。 人にやさしい、弱者である高齢者や障害者にただやさしいという気持ちだけでは、介護事業は成立しないこと、 ビジネスとしての介護サービスをどう捉えるべきかは、重要であると説きました。

ゲスト講義から2週間ほど経ってから、私を招聘された遠藤先生からご連絡があり、学生たちが書いたゲスト講義の感想文を読ませていただきました。 介護保険制度が始まった頃には8歳か9歳だった学生たちに、「介護の現場は3Kだ」という先入観を払拭してもらう工夫を凝らして講義した甲斐があり、 介護事業への関心を高めてもらいことができたと確信しました。

講義の最後に「経済とは、経世済民ということばを略したもの」といい、 その意味は「世の中を治めて民を救うこと」だと説明しました。 経済学の勉強は、自由主義経済でいかに金儲けをするか、いかに利益を追求するか、いかに効率よい経済を継続するか、などを学ぶのではなく、 世の中のために自分ができることを考え、一般消費者のよりよい生活を支えることだと説きました。 そのことが印象的だったのか、介護事業に対する関心をもつようになったという学生が何人かいたことが、今回のゲスト講義を行った唯一の収穫でした。

2011年11月26日掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護コンサルタント福岡浩のコラム」の先頭に戻る