介護コンサルティングネット:有限会社業務改善創研|介護コンサルタント福岡浩

介護コンサルティングネットへのお問い合わせ

利用者本位のサービスを実現するために、介護事業運営の仕組みを改善します。

ホーム2011年4月のコラム

有限会社業務改善創研のコラム(介護コンサルタント福岡浩)

介護コンサルタント福岡浩のコラム

もし介護事業所の管理者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら

ベストセラーとなった「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を、 介護事業関係者のどれだけの人が読んだだろうか。 そもそも、「マネジメント」という著書もピーター・ドラッカーという名前も知らないかも知れません。

本書に登場する主人公は、高校2年生の野球部マネージャー。 髪も瞳も焦茶色で、ポニーテールが特徴の活発な少女です。 ある事情で野球が大嫌いだったが、野球部マネージャーだった親友が病に倒れたことがきっかけで、 都立程久保高校(程高)の野球部マネージャーになったみなみ。 大学進学率100%と言われる程高の中にあっては決して優等生ではないが、少々早とちりでも頭の回転は早く、性格はとても明るく社交的だ。 また、初心を貫き通す強い意志と行動力がある一方で、非常に繊細な面もあり、一度落ち込むと立ち直るのに時間がかかる。

彼女は野球部のマネージャーになる時に、「野球部を甲子園に連れて行く」という目標を立てた。 監督や幼なじみでキャッチャーの柏木次郎を始めとする部員らの反応は極めて冷やかだった。 全国有数の激戦区である西東京地区を勝ち抜き甲子園に行くことは、現在の程高の実力では到底無理という空気がまん延していた。 さらに部内では部員の無気力や、監督とエースピッチャーとの確執などの問題が山積。 ところが、逆境になればなるほど闘志を燃やす性格のみなみは、諦めるどころか益々やりがいを感じていた。 まずはマネージャーの事を理解しようと、書店で店員に薦められるままに ドラッカーの『【エッセンシャル版】マネジメント?基本と原則?』を購入。 しかしこの本が実は起業家や経営者のための本だった事を知り、 よく確認してから買うべきだったと後悔する羽目になったが、「せっかく2100円も出して買ったんだし……」と気を取り直し、 初めは参考程度に読み進める事にする。 しかしその途中本文にあった「真摯さ」という言葉に衝撃を受け、なぜか号泣する。 その後、みなみはこの本の内容の多くが野球部の組織作りに応用できると知り、次第に夢中になって読破。 マネジャー(野球部のマネージャーとは別の意味)の資質や組織の定義付け、 マーケティングやイノベーションの重要性など、『マネジメント』を通じて様々なことを学んだみなみは、 自分が「マネージャー」となった野球部をマネジメントしようと考え、周囲の協力を仰ぎ、 『マネジメント』で学んだことを今の野球部に当てはめ、部を改善していく方策を次々と実行。 みなみのマネジメントは、後に高校野球にイノベーションを起こし、「程高伝説」と呼ばれるまでになる。 さらに、同校の柔道部や家庭科部等、他のクラブにも好影響を与えていく。

というストーリーですが、その『マネイジメント』という著書は、それほど難しい本ではなく誰にでも読んでわかる内容です。

そこで、「もしも介護事業所の管理者がドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本を書こうと考えたわけではありませんが、 是非介護事業所の管理者の方々にも読んでいただき、事業所運営の参考にされたら良いと思います。

ピーター・F・ドラッカーは、マネジメントについて三つの役割を求めています。

第一は、それぞれの組織に特有の社会的機能を全うすること。 麻薬密売組織やギャング、暴力団などの反社会的組織以外のすべて組織は、 それぞれの組織を取り巻く社会に貢献するからこそ、その存在を許され事業活動の場所を占有し、人を雇用し指示することを許されている。

介護事業であれば、その介護事業所がもつ介護技術や知識、経験を総動員して、 介護サービス提供にあたり、組織としての使命、目的を果たすことです。

第二は、それぞれの組織に関わりを持つ人々が生き生きと生産的に働けるようにすること。

社会的な存在としての人間は、自らの能力を発揮して、自己実現し社会に貢献することを求めている。 特にこれからは、生き生きと生産的に働くことのできない組織からは、人が去っていくという時代になると、言っている。

介護事業所や介護施設で働く人々が生き生きと働ける環境を創り上げることですが、これがなかなか簡単ではありません。 しかし、実践して成果を上げている事業所はあります。

第三は、社会の問題について貢献すること。 企業活動によって社会に悪影響を与えてはならないと、言っている。 物を生産する工場が音を出したり、環境に影響することがないようにするのは当然であり、 その工場の近隣のコミュニティに貢献するよう、場の提供、人やモノの提供、協力を惜しまないことが求められる。 介護事業所や介護施設は、地域社会の一員としてもその役割を積極的に担う必要があります。 定期的に介護技術教室を開催したり、無料で介護相談を受ける機会をもつことで、地域社会に貢献することは、すぐにでも実行できると考えられます。

ピーター・F・ドラッカーは、「(マネジャーは)オーケストラの指揮者に似ている」と言っています。 「指揮者は、各楽器奏者が持つ強みを発揮させるとともに弱みを消して、各奏者を統合して生き生きとした感動的な音楽を創り出す。 マネジャーも同様である。」と。

「マネジメント」は管理ではなく、組織を動かす手段であり、道具であるとも言っています。 当然、上から目線の管理者ではあってはならないということです。 マネジメントは、MANAGEMENTという名詞で、動詞はMANAGE、「何とかやり繰りする」とか「どうにか上手くやる」という日本語訳になります。 勿論、「管理する」や「処理する」、「操縦する」とか「支配する」といった訳もありますが、 マネジメントとは、管理者が何とかやり繰りして組織の使命を果たし目的を達成することではないかと考えます。

2011年5月3日掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護コンサルタント福岡浩のコラム」の先頭に戻る