介護コンサルティングネット:有限会社業務改善創研|介護コンサルタント福岡浩

介護コンサルティングネットへのお問い合わせ

利用者本位のサービスを実現するために、介護事業運営の仕組みを改善します。

ホーム2010年5月のコラム

有限会社業務改善創研のコラム(介護コンサルタント福岡浩)

介護コンサルタント福岡浩のコラム

家族経営による介護事業の考察2

前回掲載した「家族経営による介護事業の考察」を読まれた複数の方から 「そうそうよくあるパターンですね。」と、言われましたので、調子に乗って続編を書きました。

前回は、女性介護事業経営者とその後に事業に加わるその夫の事業所(会社)内での立ち位置について、 いくつかの例を紹介しました。 女性経営者が定年退職や早期退職の夫を自ら立ち上げた会社に引き入れ、どう使いこなすか、 また、その反対に夫が実質的な経営権を奪い取ってしまうか、 いずれにしても良い方向には向いていない事例を挙げました。

さて、今回は、娘や息子を後継者にしようとする例を取り上げてみましょう。 先に述べたように、小規模な介護事業経営者に女性が多く、 前歴が訪問介護のヘルパーや介護施設の介護職員などで、 その経験年数が長かったことが概ね共通しています。 分かりやすく言えば、無意識であったとしても介護現場の経験が長いことだけで、 介護事業の起業が成功するだろうと思い込んでいた形跡があります。 「今までの私の長い経験を活かして、地域のお年寄りのために尽くしたいという一心で、 介護事業を立ち上げました。」という女性経営者がほとんどですが、 「そういう思いさえしっかりしていれば、事業経営も上手くいく」と思い込んでいて、 大きな勘違いをしています。それは今も続いているのでしょう。

しかし、介護保険制度も10年を経過しました。 たとえば、10年前に50歳で介護事業を起業した女性は60歳になります。 10年前に起業した時には、誰も先のことなど考えていなかったでしょう。 考えていたとしても、ただ漠然と、「こうなるといいなぁ、こうしたいなぁ、なんとなるだろう。」という程度でした。 たまたま、かの女性経営者に娘や息子がいれば、10年前には20歳前後だったでしょう。 息子や娘たちが自分の意志で、福祉系の学校に進学していれば、 将来的には自分の後を託すことができる可能性があります。 すべてがそれほど上手くいくことはありません。 息子や娘は、一旦、普通の大学などに進学し普通の会社に就職して数年経ってから、 女性経営者が事業経営の煩雑さ、相次ぐ給付費の見直しや法改正で目まぐるしく変わる制度に気付き始め、 少なからず先々への不安を感じて息子や娘を口説き始めるという話はよく聞きました。 コンピューター関連の会社で5年、7年と社歴を重ねていた息子を介護事業に引き入れて、 事業運営を安定化させようとする目論見は間違っていません。 しかし、問題はその息子さんが、経験豊富な介護職員やヘルパーさんにどのように接しているか、 指示の出し方、報告の受け方、相談の受け方等など。 同時に対外的な折衝、交渉力の柔軟性、人当たりの善し悪し、説明と同意の取り付け方、他にも色々とありますが、 そういう能力が他の業界でどれだけ身につけられているか、 さらに後進業界の介護業界をどれくらい理解し、受け入れられるか。 若さにまかせてなめてかかっているのではないかと、内心心配する後継ぎ候補もいます。 たまたま、私が訪問した先でそういう息子や娘と挨拶や名刺交換をする瞬間に、 親としての躾や後継者としての教育の程度も感じ取れます。 女性経営者である親と同様に介護職員やヘルパーさんの定着率が低いのは、 報酬額が低いからだと決め付けた考え方をしているなら、どうにもならないでしょう。 少なくとも、親である女性経営者に対して、人事や業務の管理上の問題点を指摘し、 改善を提案できるような優秀な息子や娘は本当に少数でしょう。

一度、事業を始めたからには、地域の社会資源として立派にその責任を果たさなければならないのが、 介護事業者(会社)だと考えます。 ましてや日本で五番目に創設された介護保険制度を担う介護事業者は、ただの営利目的会社ではありません。 事業が上手くいかないからと言って、簡単に撤退するのは制度の理念に反する行為です。 事業は、その社会的影響力が大きければ大きいほど、継続した経営が求められます。 大手上場会社は別として、起業した経営者本人がいつまで経営の第一線で旗を振っていられるか、 自ら判断するしかありません。 後継者問題は介護事業に限ったことではなく、 どの業種、業態でも斜陽か否かも含めて永遠のテーマです。 現在、60歳になった女性経営者は、あと何年事業にかかわっているのでしょうか。 10年でも15年でも第一線に立っていることは可能ですが、 後進を育成し次代を担う人材はどうするつもりなのでしょうか。

人材育成にビジョンがない介護事業経営者にとっては、 生え抜きの幹部職員を後継者にすることはもとより、 息子や娘を後継者にすることはさらに困難であるということだけははっきりしています。

2010年5月3日掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護コンサルタント福岡浩のコラム」の先頭に戻る